制作Production

制作の仕事

そのシゴトはミライへつながる。
あらゆるクライアントに対応できる「スキル」と「発想力」で出演者と視聴者をつなぎ、
未来へつながる映像制作を実現します。

interview

知らないことを知る
ディレクターの醍醐味です。

矢吹 龍太郎Yabuki Ryuutaro

ディレクター

2018年度 入社

Interview今の自分と仕事

先輩や取材先の方などから
常に刺激を感じています。

今まで知らなかった分野をリサーチなどを通して知る事が出来てその道のプロとも仕事が出来るので、とてもやりがいを感じています。
大ベテランの先輩ディレクターや技術スタッフと仕事をしている時にも刺激を感じています。
2018年に入社しましたが、大学時代は短編映画などを制作していましたのでテレビ、CM、VPなどあらゆる映像制作に携われるA-Proに入社しました。
今後挑戦したいことは、ドキュメンタリーですね。
誰か1人の人に密着するような映像を制作してみたいです。

矢吹龍太郎

Interviewこころがけている事

矢吹龍太郎

社会人として礼儀を忘れずに

取材先で初めて会う人を撮影させて頂く事がたくさんあるので、社会人として挨拶などは、きちんとする様に心がけています。
自分の構成台本だけに気を取られがちなので、先輩ディレクターの様に先に起こる事を先読みして今以上に、円滑に現場を進め映像制作をしていきたいですね。
将来的には、自分に取材して欲しいと言われるようなディレクターになりたいです。